どんな技術?

   自然には水換えろ過装置もありません

  浄化の根幹を担うのは地層微生物の巨大な連鎖網

 

「微生物の連鎖網」どういうこと?

 

従来の浄化循環は「循環ポンプがもしも止まったら、終わり」でした。

 

本技術は「ポンプが止まったら、微生物連鎖循環の始まり」です。

 

HONUMI,スーパーナチュラルシステム,活魚水槽,生簀,活魚水槽販売,生簀販売,屋外型生簀,屋外型活魚水槽,水槽設備,活魚水槽仕組み

スーパーナチュラルシステムは、ろ材を使いません。

そもそも、世界的にろ過は、50年以上前から進歩なし!

そんな業界って、聞いたことがありませんよね?

だから今

本物の「ろ過」を知って頂きたい。

 

 誰でもわかる!

ろ材の浄化微生物を過信してはいけない!

単に糞と残滓を絡めている砂等に過ぎない。なぜなら、自然界の浄化バクテリアにそんな機能は無いからだ。自然界の浄化バクテリアは、硝酸塩もアンモニアも全て、二次の分解者(バクテリア)に、分解されやすいように一次分解の役目を果たしているに過ぎないからだ。

ろ材に一次分解者が一時的に住んでも、二次分解者、三次分解者と次々分解者が居ないから、水が腐る方向へ向かうしかないのだ。

 

逆に次々と連鎖する分解者が住む自然界では、水は腐る事を知らない。

 

微生物の連鎖が水を浄化するため、分解する方向を曲線に示したものを

水の平均の法則という。

(スーパーナチュラルシステムは水の平均の法則に従ったシステム)

 

一次分解者だけで浄化できない仕組み。おわかりいただけただろうか。

ろ過材の違い,ろ材の違い,サンゴ砂濾過,ろ過装置,ろ過設備,ろ過ポイント,濾過技術,ろ過微生物,浄化微生物,浄化技術,HONUMI,ホンマもんの海

 

 

それぞれの層に、異なる微生物の棲み分けがあり上手にバトンタッチして、汚れを分解し地球は浄化されているのです。

何十億年もの間、こうした地球を創造していたのは、まぎれもなく微生物達なのです。

このシステムは地層です

HONUMI,ホンマもんの海,活魚水槽,活魚水槽設備,活魚水槽販売,生簀設備,生簀販売
活魚水槽,活魚水槽販売,生簀販売,ろ過設備,濾過,濾過設備,濾過方式,ろ過方式,浄化微生物,微生物ろ過,HONUMI,ホンマもんの海

〔導入後のスーパーナチュラルシステム槽の基本維持3点〕

生簀/活魚水槽では、必ず小さなゴミ受けスポンジが着きますので、

 汚れが目立ち始めたら、水道水でザっと手洗いし元に戻す。

時々は付属の塩分濃度計を測り、減っていれば塩又は海水を足す。

店内との温度差で水が蒸発し減った場合は、水道水をそのまま足す。

〔導入後のスーパーナチュラルシステム槽の注意事項3点〕

スーパーナチュラルシステム槽の移動は、必ず事前連絡する。これは

 システム地層を壊さないようにする処置です。

ポンプなど機材が故障した場合は、なるべくご自分で直さないように

 する。取り付け方が詳しい方は不要。

あまりにも維持が簡単なため、上述の基本維持も放念してしまう。

 これは一番多いパターンですので、気を付けて下さい。

これから生簀活魚水槽を置こうと考えている方。

 

今ある生簀活魚水槽を何とかしたいと考えている方。

 

必読して下さい。きっと参考になります。

   従来のろ過システムとの、大きな違い

        例えば    匂い

従来の生簀活魚水槽のろ過は、など汚れをろ過槽に溜め、そこに浄化する微生物を繁殖させながらを循環しています。

 

しかし、れをめこんだ場所は人でいうところ、肥溜めと同じ場所。ココをが循環する。だからいのです。

 

ろ過槽った時のい、を交換した時のいは、が曲がるほどいですよね。

 

このおから出した魚貝類は、従来のろ過槽、独特のさがあるのをご存じでしょうか?

 

例えば貝類が数匹んでいました。そのが溶けた「腐臭」は他の貝が吸収します。

 

腐臭は、他の元気な魚貝類が呼吸しながら体内に取り込み、すぐに身に沁み込みます。

(自身も、いの自主研究をし、それらを食べてきた経緯があります)

 

お客様がべる生簀/活魚水槽からの魚介類

いを感じ、美味しくべて頂きたい。と思うのです。

 

スーパーナチュラルシステムは、いの素となる「ろ過」「ろ過材」がありません。

 

HONUMI生簀魚貝類は「り立てのよう」「りがする」など、自然美味さを提供できます。

 

従来までの生簀活魚システムではマネのすることができない部分、それこそが「いいい」なのです。

  従来のろ過システムとの、大きな違い

  例えば    ろ過槽、ろ材がない

これから店舗に生簀活魚槽を入れる場合、ろ過槽はどこに置くの?

 

弊社は従来式生簀どを、ご依頼場所手直ししてきました。

 

壁をぶち抜き、隣室へろ過槽いた!

地下を作り、階下へろ部屋を作った!

店舗外の屋外に屋根を付け、ろ過槽を新設!

濾過小屋を新たに作り、ろ過装置いた!

 

 

「ろ過槽」は、日本、海外でも、すでに50年以上前から進歩なし!

こんな業界って何て言いましたっけ?ガラパゴス水槽?

 

ろ過装置をくした「スーパーナチュラルシステム」は、その場所を作る事も、む事も、ありません。

しかし、従来のろ過装置くした部分の「の量」もくなってしまうので、生物の呼吸係数は減ります。

 

下図は「極端な図解」で、わかりやすく。

赤枠の部分が全体の水量「総水量」といいます。

お客様から見えない部分でのろ過槽で総水量を賄っているので、実質見た目は「小さな水槽沢山のおが!」

 

しかしあとの「ろ過槽掃除」「水換えの」は、伺い知れません。

 

「匂いの欄」で述べた糞溜は大きいほどいの素となるなどのを多くめ、のは物理的に当たり前の現象です。

こまった

はやまった

従来のシステム

スーパーナチュラルシステム

【Q】 

このシステムは赤枠のろ過槽が無いばかりに、生物収容量が減る?

 

【A】 

答えは「NO」です。生物呼吸係数は総水量だけじゃなく、エアーレーションの仕方、そして収容生物種に関連した流れ(水流でも生存率は大きくなるのです

 

仔細はご了承下さい。(ご依頼のお客様には説明しています)

 

 「その生物に合った適切な状況を作り出す」ことが一番重要なのです。

 

一つのあらかじめセットされた水槽設備で「何でも収容できる!」は、大きな間違い。

 

弊社は、このような場合を数多く想定しながら

いかに誰でも簡単に使えるかどれだけ多く長くかせるか

を日々進歩させ、ご依頼主様に役立てています。

トップページ/ホーム          地球にやさしい陸上養殖のやりかた 

 

 

アクアリウム水槽            English pege

 

海盆栽                 海の池

 

移動水族館/海の変な生き物を触る    魚介類は雑魚が旨すぎ知恵袋

 

はぐぐみ水槽              海の授業(小学校)

 

会社概要                庄司直靖のブログ

水槽白濁り,生簀白濁り,水槽が臭い,白濁り除去,浄化微生物,浄化バクテリア,微生物ろ過,微生物浄化,HONUMI,ホンマもんの海

無換水で繁殖実験例

3枚の動画は以前に某企業様のご依頼からマダコの繁殖実験をしたものです。年に1度♂♀5匹ずつを貰い受け、2年で2回分をしました。

 

標準90cm水槽5個と標準150cm水槽1個でスーパーナチュラルシステムを切り盛りし全くの無換水です。

 

下記事にも書いたように、やはり飼育者は衣食住を共にしなければ成し得ません。

 

 

実験の合間に数日間の出張仕事、又は府内への出張仕事。出張などがない場合だけ実験室に泊まり込み、では甘かったのです。

 

 

しかし、設備投資もあり管理費もあり人件費もありでは、とても企業様から頂いた分では会社としての運営ができない事もあるんだと、後になって気付いた、後味の苦い実験の締めくくりでした。

 

(その後「時々は」漁師さんのご協力で入手したマダコ繁殖実験をしていますが、「時々じゃダメ」な模様です)

マダコ繁殖実験,生簀水槽,活魚水槽,生簀水槽販売,活魚水槽販売,水槽ろ過装置,生簀濾過,ろ過バクテリア,ろ過微生物,浄化微生物,HONUMI
マダコ繁殖実験,生簀水槽,活魚水槽,生簀水槽販売,活魚水槽販売,水槽ろ過装置,生簀濾過,ろ過バクテリア,ろ過微生物,浄化微生物,HONUMI
マダコ繁殖実験,生簀水槽,活魚水槽,生簀水槽販売,活魚水槽販売,水槽ろ過装置,生簀濾過,ろ過バクテリア,ろ過微生物,浄化微生物,HONUMI

3枚の画像はマダコ仔魚が勝手に着底したものです。このほか無換水での実験(趣味程度ですが)では、おかしなタコ類、イカ類も勝手に繁殖させていました。

 

実は私が京都へ引っ越してきた以前は、商売がてら繁殖を楽しんでいたのであまり興味はなかったけれど、今思えば貴重な体験をしていたようです。

 

「このような繁殖の定義は2つあります」

 

「一つ」

衣食住を飼育者と同じ場所で継続ことです。

 

「2つ」

芸達者になるほど安心できる環境の中で、飼育生物の衣食住が真っ当していれば、そこに♂♀が居るだけで自分たちで考え、勝手に繁殖するのは逆に当たり前、ということです。

以前の繁殖実例(画像クリックで拡大)

※もっとも、従来式の濾過システムでは、定期的な水換えと濾過槽の掃除等の影響から、

 水質も温度も浄化する微生物も、変化著しく、けっこう無理があると思われます。

某店での魚病の体液を浄化できるか?実験事例

養殖魚匂い,魚病,魚病薬,生簀販売,生簀ろ過槽,活魚水槽販売,活魚ろ過,ろ過微生物,浄化微生物,ろ過バクテリア,水槽水換え,生簀水換え
海水魚飼育,簡単海水魚飼育,海水魚小型水槽,ろ過槽,ろ過微生物,ろ過バクテリア,浄化微生物,微生物浄化,HONUMI,ホンマもんの海

の濁った水槽は、アポイントがありました、あるお店の活魚生簀病気になり大量死していた養殖マダイ体液を集めた汁状物で約8ℓ入っています。

 

養殖のほとんどはきたままでもに逆らわない方向へと、から尻尾へぎゅっと絞りますと天然では見られない赤や青など、多彩な色合いの体液が絞れてきます。

 

 

写真はその店内に、スーパーナチュラルシステム水槽を実験で置いてみた直後の様子です。鼻を近づけると腐敗臭がものすごく”ウォエッ!”としします(20cmの小型水槽

 

 

こちらはちょうど24時間後の写真です。

実物をお見せできないのが残念ですが、匂いがゼロ、スッキリとした透明感です。

 

このお店に持ち込んだ、システム水槽は、弊社で普段から海水魚用として使っていて、2年以上はゆうに経過しています。

 

もちろん海底土層という微生物地層を模した造りです、丸洗いなど一切ありません。

 

お手入れは側面に付着する汚れをふき取ること、水道水を足すことです。

 

※現在この水槽は、TVの撮影がありましたときにお越し頂いた、月亭八光さんの所有物になっています。(ありがとうございました)

【代表兼開発者庄司より】

 

生物は何もかも連鎖する循環によってをつむいで進化したり退化して地球というガイアを守る生物多様性にちています。

微生物も同じで、それぞれの違う微生物が連鎖して循環して、地球上のを含む水を綺麗しています。

地球上の微生物が連鎖し活動する過程では、従来の濾過装置でいわれている「有害な最終残留物」っていうのが無いんです。

地球上での最終残留物とは油田だったり、鉱物資源だったりと、現在の私たち文明に欠かせない大事な資源なのです。

17年ほど昔、私はこの根拠を確かめるべくシステム地層を7~8年使った後で地層底部を掘り返すと本当に原油が出てきたのを機に、自分が作った自浄作用する地層システムは間違っていなかったんだと、ふるえるほど感動し確信に至ったのです。

生簀,水槽設備,京都生簀水槽,関西生け簀,京都生簀販売,活魚水槽製作,生け簀製作,生け簀製造,生簀製造,生け簀製造販売,生簀製造販売,関西生簀販売,京都活魚水槽,関西活魚水槽,全国生簀設備,全国活魚水槽設備,全国生簀販売,全国活魚水槽販売,HONUMI

〒607―8253
京都市山科区小野弓田町30―11アルカディア小野101号室

Tel 075-925-9559 fax 075-981-8086

Copyright, HONMAMONNOUMITSUKUTTARE Co.,Ltd.  All rights reserved.

スーパーナチュラルシステム概要1.jpg